2024年ちょっといい話。

2024年01月16日

新春なので良い話をしようと思ったら、早々に能登半島地震や羽田空港の事故で、多くの死傷者がでるという悲報が飛び込んできてしまいました。亡くなった方へのお悔みと、被災された方へ一日も早い復興を祈るばかりです。それでも羽田の事故は、脱出口が8つのうち5つが使用できない状況にもかかわらず、379名もの乗員が90秒以内に無事脱出できたということは海外では「奇跡」として評価されています。従業員の日頃の訓練や、土壇場での判断、そして乗客の冷静で適切な対応が奇跡を呼んだのでしょう。

天災をはじめ様々な事故は努力しても100%避けられないケースもあります。しかし、起こってしまった時の被害を最小にすることは、我々の努力で可能だということです。例えば交通事故による死亡は昭和40年代にピークを迎えますが、その後、交通事故の数は倍増したにもかかわらず、死者はむしろ半減しています。まだまだ死亡者は6000人もいて理想のゼロ人には遠いですが、希望が持てる事実です。

もともと我がニッポンは、世界のどこよりも、豊かな自然に恵まれた楽園です。あまりに恵まれているので、他のエリアとバランスを取る為に、神様が地震や台風、噴火などの天災を試練として与えたのかもしれません。しかし、その被害も我々の努力で小さくすることが出来る。つまり「未来は我々の力でどんどん良くすることが出来る」のです。そんなことを気づかせてくれた事件でもあったように思います。

 

昨年、大きな話題になったのは、大谷選手の契約金でしょう。その1000億円を超える金額の大きさに注目が集まりましたが、他の選手の獲得を有利にするため、ほとんどのお金を後払いにさせた彼の判断にも驚きました。さらに私が驚いたのは、後払いにもかかわらず、金利を一切取らないということです。ちょうどFRBが金利を上げているタイミングでしたから、交渉すればしっかり金利を得ることが出来たでしょうに。まして、元本が大きいので、金利だけでもとんでもない金額になります。

アメリカという国は、「メイキング・マネー」が善である国。そして成功し、お金持ちになった人間は賞賛され、皆から尊敬されます。そんな国で、お金の為ではない生き方を堂々と示してくれた大谷選手をニッポン人として誇りに思うとともに、ついつい日頃、「お金」に振り回されることが多くなってしまっている我々は反省したいですね。「お金から自由になる」ことが、パリミキアセットの理念ですから。でも引退後に日本に帰ってくれれば日本での納税になるということも期待したりして...なかなかお金から自由になれないですね。

考えてみれば明治までは日本は「お米」が中心の社会でした。税金も「お米」で支払っていました。どんなお金持ちも「お米」を人の10倍も食べることはできません。しかも、三年もすれば腐りますし、保管するのも大変なので、最終的には皆に分配されることになります。では「お金」はどうでしょう。お金はいくらあっても困らない。腐らない。むしろ金利も付きます。そうなるとどんどん貧富の差が広がっていくことになります。そう考えると「お米」をもっと大事にしたくなりました。そこでパンやパスタ、シリアルを止め、朝晩を玄米に、お昼も極力お米を食べるようにしました。そうすると、ドンドン体調も良くなって元氣(本来「気」の中は〆ではなくお米で、お米は元氣の源なのです)になって来ました。マクロビオテックを世界に広めた久司道夫さんは、世界から戦争を無くそうと思ったそうで、その為には米食(玄米食)を広げれば良いと思ったそうです。そうすれば人間が優しくなり、争う事もなくなるとか。

その他良い話は、第81回ゴールデン・グローブ賞で宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」がアニメ映画賞に輝きましたね。同賞受賞は日本作品として初の快挙ですが、ノミネートされた三作品が全て日本のアニメだったのもすごいです。さらに年明けからの東京市場の爆上がり。我がファンドマネージャー宇野の予想通りの展開ですが、果たしてどんな年になるでしょう。みなさま益々素敵な一年をお過ごしください。

多根幹雄
執筆者
多根幹雄
株式会社パリミキアセットマネジメント
代表取締役会長
スイス、ジュネーブに1999年から9年間駐在し、グループ企業の資金運用を担当してきました。その間、多くのブライベートバンクやファミリーオフィスからの情報により、世界18カ国100を超えるファンドマネージャーを訪問。実際投資を行う中で、良いファンドを見極める選択眼を磨くことが出来ました。また当時築いたスイスでのネットワークが現在の運用に大いに役立っています。また、大手のメガネ専門店チェーンの役員として実際の企業の盛衰も経験し、どんな時に組織が良くなり、また悪くなるかを身をもって体験しました。そこから、どんな企業やファンドにも旬や寿命があるというのが持論です。その為、常に新しいファンドを発掘し、旬のファンドに入れ替えを行うことで、長期で高いパフォーマンスを目指しています。

運用体制紹介著書

新着記事
資産運用・投資セミナーを開催しております

投資信託にかかるリスク

投資信託は、値動きのある有価証券等を投資対象とし、基準価額は変動します。したがって、投資家のみなさまの投資元金が保証されているものではなく、
基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なって、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
投資信託をご購入される場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等の内容を十分に確認のうえ、ご自身でご判断ください。

お電話でのお問い合わせ

お客様専用
無料通話

0800-5000-968

平日 9 :00~17:00 定休日:土日祝・年末年始